建築・建設板金職人募集採用サイト

平井板金
08007771061
職人の現実と未来

建築業・建設業は東日本大震災以降元気を取り戻しています。そしてアベノミクスの政策である公共工事増加、さらには2020年 の東京オリンピック特需などで勢いがあり、今、職人が必要とされています。
ですが現実は慢性的な職人不足の問題があり、現場では年配職人を再雇用するなど一時的にしのいでいる状況で、今もっとも必要とされている10代20代の若手職人は減少傾向にあります。

今後この状況が続いて年配職人が引退すれば危機的な状況になることは目に見えています。

職人の労働環境

若者がこの業界に就職しようと考えても、きつい、汚い、危険の「3K」に加え「安給料」「少ない休み」などの心配。
建築業に対するイメージは悪いものが多いでしょう。
こんなところでは若者は働きたくありません。近所の大工さんが息子に 継がせたくないと言うくらいですから・・・

そんな中、国・業界に改善の動きがあります。公共事業における労働単価の引き上げ、雇用保険・健康保険といった福利厚生の加入強化、 女性の働きやすい現場をつくるといった変化が少しずつですがあります。


とは言ったものの現実はまだ・・・


重層下請け構造から抜け出せていない現在、ゼネコンや大手企業の景気が良くても下っ端の職人にはまだまだその効果が少ないのが 現実です。(工事を行う職人は5次6次下請けなんてざらにあります)そもそも、日本の多くの会社の給料形態が月給制で週休2日制を 導入しているのに対して、職人は日給月給で簡単に言うと日雇いです。

そして有給休暇なんて私の知っているかぎりでは聞いたことがないので、休めば給料が減ります。 外での仕事が多いので天気が悪ければ休業して働けません。給料が減ります。休まず働けばその分給料が増えますが、常に安定した 仕事量がある保証はありません。


バブル期なら間違えではなかった仕組みなのかもしれませんが、今の社会では疑問がのこります。 当たり前のように建築業界全体に根付いてしまったこう言った仕組みは会社や個々の職人も改善するような考えを持たなくてはいけない課題です。

仕事変化

大工さんの話になってしまいますが、現在建築中の多くの家がハウスメーカーなどのプレカットという木を建材に加工する機械を使っています。工事をする際にほとんど木を切らなくても家が建つので、工事期間の短縮や予算の削減になりお客さんには非常にありがたいことでした。


今の時代に合っていたことなのかも知れませんが、そのことなどで一人前になるまで10年と言われていた大工さんはハウスメーカーの仕事によって数年でマスターできる取り付け屋さんに変わりました。
それが悪いことということではありませんが、機械化の波は大工さんに限らずこれからも増していくでしょう。そして多かれ少なかれ職人はその変化に対応していかなければいけません。


それとすべての大工さんがそうなったわけではなく、大手には出来ない地元コミュニティーを大事にすることで固定客を増やした職人や、こだわりを持った家をつくることで成功した職人もいます。
5年先10年先を見据えたモノづくり、会社経営を心掛けることが大切です

メニュー

ページ上部へ